header
券売機導入全国対応!北海道、宮城、福島、東京、千葉、神奈川、茨城、群馬、埼玉、山梨、愛知、大阪、広島、高知、福岡、鹿児島
ボタン式据置券売機 BT-eシリーズ
券売機 BT-eシリーズ券売機 BT-eシリーズ

» 多彩なロケーションのご要望にお応えします。

最大100口座ボタン

フリーレイアウトに対応。大型ポップボタンは最大25個まで使用可能。

※ポップボタンはオプション

2ロールオートチェンジ機能

1ロール目がなくなると自動的に切り替わる便利な機能。

リモコン操作で楽々

売り切れ設定・メニューの作成変更が容易です。

次へ

これぞ券売機。派手さはないけど確かな実力の本格派。

お問い合わせ受付

   BT-eシリーズは、釣銭容量が多いことや、ロール紙も2本セットできるなど、ノンストップ営業に適した製品です。その為、製品のサイズは大きく、重さも非常に重いことから設置場所が限られることになります。一度置いたら簡単には場所を移動することができないので、エンドユーザーの導線などを事前に熟考しておく必要がありますが、繁盛店におけるそのハイパフォーマンスは小型券売機には真似のできない部分です。

   それぞれの製品毎のメリット・デメリットについて、実際に券売機ご利用中のお客様から直接ご意見をお聞きし、それをデータ化したうえでスタッフが共有することによって、カタログ値にはない製品の特長やクセまでをも熟知している"券売機プロ"まで、是非お問い合わせください。

電話アイコン050-5434-8329

受付時間 7:00~25:00(年中無休)

電話アイコン

お問い合わせ ご注文
故障トラブル修理

メールアイコン

メールから
お問い合わせ

ボタンタップで電話を発信します。受付時間 7:00~25:00(年中無休)

BT-eシリーズ 仕様詳細
型名 BT-e212(高額タイプ) BT-e211(低額タイプ)
口座数 最大100口座 ※看板(オプション)付きの場合 最大92口座
印刷用紙 感熱ロール紙 長さ300m(30mm券 10,000枚相当)
印字方式 サーマルドット方式
発券速度 30mm 券発行で約1.5秒
印字内容 価格、設定文字、発行者名、発券時刻、日時、No.、号機No.、その他
印字文字種 英数字、ひらがな、カタカナ、記号、漢字(JIS 第一 / 第二水準)
2ロール機能 オートチェンジ機能(ロール紙2巻セットによる自動切替機能)
印刷済ロール 幅:57.5mm × 長さ:55~120mm
使用紙幣、硬貨 BT-e212 ⇒1万円札、5千円札、2千円札、千円札、500円、100円、50円、10円硬貨
BT-e211 ⇒2千円札、千円札、500円、100円、50円、10円硬貨
紙幣収納方式 BT-e212 ⇒3区分整列方式
BT-e211 ⇒整列混合方式
紙幣収納枚数(完封券) 収納紙幣にシワや折れ等がある場合、枚数は変動します
BT-e212 ⇒1万円札約400枚(2千円との合計枚数)、5千円札約250枚、2千円札約400枚(1万円札との合計枚数)、千円札約880枚
BT-e211 ⇒二千円札、千円札 混合約400枚
紙幣釣銭 BT-e212のみ千円札、5千円札
硬貨釣銭 ホッパー式、別に硬貨回収箱有り
500円硬貨 / 350枚
100円硬貨 / 1,000枚
50円硬貨 / 600枚
10円硬貨 / 1,000枚
硬貨釣銭補充方式 元詰・自動補給
集計様式 メニュー / 口座 / グループ / 売れ筋形式から集計印字形式を指定
その他帳票 グループ集計、時間帯別集計、時間帯別グループ集計、入出金情報、他
本体扉キー、係員キー、金銭(硬貨部扉 / 紙幣収納部扉)キー
左ヒンジ、前面アクセス
リモコン 設定用リモコン(赤外線方式) W61mm×D100mm×H18.5mm
質量 BT-e212 ⇒約121kg(オプション含まず)
BT-e211 ⇒約105kg(オプション含まず)
外形寸法 W650mm×D300mm×H1,600mm ※突起部除く
定格消費電力 BT-e212 ⇒67 / 67W
BT-e211 ⇒61 / 61W(50 / 60Hz)
※他に電熱装置で6W
設置環境 屋内 温度:+5~40℃、湿度:30~80%RH(結露無きこと)
製造元 NECマグナコミュニケーションズ株式会社

ページのトップへ戻る

footer
© 2016 FS Corporation.